物忘れチェック体験をしてみませんか?

2019年12月17日

 

物忘れチェック体験をしてみませんか?「タッチパネル式の物忘れ相談プログラム」を貸し出します!

「物忘れ相談プログラム」とは 

機器から流れる音声に従って、いくつかの質問(例:今日の日付や時間、簡単な図形の問題など)に対し、検査機器の画面を指で押して答えます。認知症によるもの忘れの心配があるかどうか簡単にチェックできるものです。なお、認知症を診断するものではありません。所要時間は1名あたり5分程度です。

○申し込みについて 

・貸出対象:医療機関、薬局、介護事業所等

   *自治会・老人クラブ等で貸し出しをご希望の場合は高齢者包括支援センターにご相談ください。

   *個人には貸し出しません。

 ・貸出期間:1週間程度

 ・貸出機器:タッチパネル検査機器とプリンターのセット(1団体2セットまで)

 ・申し込み:使用される1ヶ月前までに、最寄の高齢者包括支援センターにご連絡ください。受け取りの際、申込書の記入をしていただきます。

 

○タッチパネル体験ができる無料の出前講座もぜひご活用ください。

 職員が出向き、タッチパネル体験もできる他、認知症について詳しく学ぶこともできます。ご希望の場合はご相談ください。

   

○物忘れ相談プログラム貸出についてのチラシはこちらからダウンロードできます

 タッチパネル貸出チラシ.pdf(250KB)

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

高齢者包括支援センター
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加