下水道等使用料 - 下水道

2013年9月30日

下水道使用料について

 排水設備工事が完了すると、毎月下水道を利用した汚水量に応じ下水道使用料を納めていただくことになります。

 納めていただいた使用料は、汚水をきれいな水にするための処理費用、下水道管の清掃・修理など、下水道施設の維持管理に使われます。

 

使用料の従量制と定額制

 下水道の使用料には、水道メーターの使用水量で料金を算定する「従量制」と、1カ月の料金が一定となる「定額制」があります。

 

下水道等使用料の算定

 下水道の使用料は、下水道に流れた水の量によって金額が決まります。

  

 

◎ 水道水のみ使用している方(従量制)

 水道水が下水道に流れるため
   水道の使用水量=下水道の使用水量となります。

 

◎ 水道水と地下水を併用している方(従量制)

 水道水と地下水が下水道に流れるため
   水道の使用水量+地下水の使用水量=下水道の使用水量となります。

 

◎ 地下水や組合による水道を使用しメーターを設置していない方(定額制)

 使用人数によって使用料が異なる 定額制使用料となります。

 使用人数は、4月と10月の年2回を基準日として算定します。

※ 定額制は地下水などでメーターを設置していない世帯が対象です。

 

 下水道の使用料の算出はこちら 下水道使用料.pdf(53KB)

使用料の納付

 使用料は「口座振替」と「納付書払い」の2つの納付方法があります。

 上水道を利用している方は、下水道使用料も水道料金と同時に請求されます。また、すでに水道料金を口座振替で納付している方(大曲地域)は、下水道使用料が水道料金と同じ口座から手続き不要で振り替えとなります。(他の地域では改めて口座振替依頼が必要です。)

 納付には、便利な口座振替をおすすめしています。

 口座振替は市内金融機関窓口で手続きが可能です。通帳と口座の印鑑を持参し手続きをお願いします。

 

口座振替日

 口座振替日は地区により異なります。

口座振替日

 口座振替日は、検針月の28日、または翌月8日のどちらかとなります。(地区によって異なります)

 

 

下水道に流れなかった水の減額について

  水道などの使用水量が毎月の使用水量と著しく異なった場合で、下水道に流れなかったと確認できる場合は、その水量分の使用量を減額することができます(漏水など)。
  前月と比べて下水道使用料が著しく違う場合は下水道課までご連絡ください。


※漏水でも、水が下水道に流れていた場合は減額の対象になりません。
※屋外で使用する水は下水道に流れないため、子メーターを設置することでその使用水量分を減額することができます。子メーターは市で貸与しますが設置工事の費用は自己負担となります。子メーターの設置を希望する方は下水道課までご連絡ください。

 

使用水量の目安

 下水道の使用料金は、水量1立方メートル165円となっています。(汚水量11~30立方メートルの場合)
 1立方メートルの水量は重さで言うと1トンで、ドラム缶では5本分の水量となります。身近な水量に換算するとお風呂約5回分となっています。

 

 

下水道使用料に関する各種様式ダウンロード

公共下水道

農業集落排水

お問い合わせ

下水道課
電話:0187-63-1111
ファクシミリ:0187-62-9400

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加