地域再生計画の事後評価について - 下水道

2013年9月30日

地域再生計画の事後評価について

事業終了に伴う評価結果の公表

 汚水処理施設の整備促進のため、内閣総理大臣の認定を受け「メダカの泳ぐ小川」清流再生計画を策定し、農業集落排水事業と浄化槽の整備を進めてきました。

 事業期間(平成17年度~21年度)の終了に伴い、目標の達成状況を確認・検証した事後評価結果を公表します。

事後評価の方法

 下記の4点を中心とした事後評価調書を作成し、計画事業の実績および成果を確認・評価しました。

  1. 目標とした指標の達成状況
  2. その他の指標による効果発現状況
  3. 実施過程の評価
  4. 総合評価と今後の対策

事後評価の概要

 計画に位置づけた事業を実施したことにより、汚水処理人口普及率の目標を達成することができ、公共用水域の水質保全が図られました。

 しかし、市の汚水処理人口普及率は他自治体に比べて依然低い状況です。

 今後も合併処理浄化槽の設置を促進し、市全体の普及率向上を目指します。

※ 事後評価に関する詳しい内容は「事後評価調書」をご覧ください。

お問い合わせ

下水道課
電話:0187-63-1111
ファクシミリ:0187-62-9400

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加