水洗便所改造資金融資あっせん制度 - 下水道

2013年9月30日

水洗便所改造資金融資あっせん制度について

水洗便所改造資金融資あっせん制度の概要

 単独浄化槽(くみ取りトイレ)を改造し下水道へ接続する方を対象に、銀行から受けた融資の利子分を市が補給(実質金利0円)する制度です。

 ただし大仙市が行っている住宅リフォーム助成金と併用して利用することはできません。

 融資あっせんの利用を希望される方は、工事の申請と同時に必要書類を添付し申し込みください。手続きは指定工事店がみなさんに代わって行います。

※ 注意)融資あっせん制度は申請者が直接金融機関から融資を受ける制度ではありません。金融機関が工事店へ振り込んだ工事代金を申請者が金融機関へ返済する必要があります。返済の利子分を毎年大仙市から受け取ることで実質金利ゼロ円で融資を受けられる制度です。

 

対象となる工事

  • くみ取りトイレから水洗トイレへの改造工事
  • 単独浄化槽を廃止し公共下水道に接続する工事
  • 上記工事と同時に行うほかの排水設備工事

 

申し込みの条件

  • 市税および受益者負担金を滞納していない方
  • 連帯保証人が1人以上いること

※ 原則第三者保証人とし、取扱金融機関の承諾が得られる場合のみ家族でも可。

 

融資あっせんの額

  • 供用開始から3年以内の方 … 120万円まで
  • 供用開始から3年経過後の方 … 60万円まで

 

利子の補給

  • 利息の全額を市で補給します。(毎年)
  • 利子補給請求書を3月31日まで市に請求していただき、4月30日まで1年間の利子額を申請者の口座に振り込みます。

※ 利子補給請求書は、返済が終わるまで毎年必要となります。

 

償還方法

 融資を受けた月の翌日から毎月元金均等償還となります。

 60か月(5年)以内で契約した金融機関へ償還していただくことになります。

 

融資あっせんに必要な書類

  • 水洗便所改造資金融資あっせん申請書(33KB)
  • 所得に関する証明書(本人・連帯保証人 各1通)
  • 納税証明書(本人・連帯保証人 各1通)
  • 印鑑登録証明書(本人・連帯保証人 各1通)
  • 資産証明書(本人・連帯保証人 各1通)
  • 借地の場合は土地所有者の承諾書(25KB)、借家の場合は家主の承諾書
  • 他人の所有する土地を使用する場合は、土地所有者の承諾書
  • 工事見積書、排水設備工事をしようとする業者の見積書
  • その他市長が必要と認める書類

 

融資あっせんに関する各種様式ダウンロード

お問い合わせ

下水道課
電話:0187-63-1111
ファクシミリ:0187-62-9400

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加