下水道の役割(概要) - 下水道

2013年9月30日

下水道の役割(概要)

1.jpg

 家庭や工場で使われ汚れた水は、道路に埋設された下水道管を通って下水道処理施設まで運ばれ、きれいな水となって河川に戻されます。

 下水道が整備されると生活排水による臭いが抑えられるほか、ハエや蚊の発生が防がれ伝染病の予防にもつながります。下水道は「清潔で快適な生活環境」の整備と「水の循環」の大切な役割を担っています。

 

 

下水道の種類

 下水道には、雨水と汚水を同時に処理する「合流式」と雨水と汚水を別々に処理する「分流式」があります。

 大仙市では分流式を採用し、汚れた水は下水道施設で処理し、雨水は道路側溝で河川に流しています。

※ 大仙市では、分流式のため雨水マス・雨水管は設置していません。

2.jpg

 

下水処理場の役割

 下水処理場は下水道の最後にある施設です。汚した水を微生物の力をかり、きれいな水と汚泥に分けています。

 最近は、きれいになった水を川へ戻すだけでなく、処理で発生した汚泥を肥料やセメントの材料に加工するなど、再生資源の活用としても注目されています。

お問い合わせ

下水道課
電話:0187-63-1111
ファクシミリ:0187-62-9400

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加