食べきり協力店について(食品ロス削減に向けて) - ごみ

2019年11月29日

「食品ロス」を減らしましょう

 「食品ロス」とは、まだ食べられるのに捨ててしまっている食品のことです。

 日本では、年間2,759万トン(※)の食品廃棄物が出されており、このうち、食品ロスは643万トン(※)にも上ります。

  ※農林水産省及び環境省「平成28年度推計」

 

 この食品ロス量は、1人当たり、毎日おにぎり1個を捨てていることになり、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量の1.7倍に相当します。

 

 食品ロスを減らすためには、一人ひとりが「食べきり」を意識して行動し、食べ物を大切に消費する事が必要です。

 「もったいない」の気持ちを大切に、おいしく食べて食品ロスを減らしましょう。

 

取り組みの例
 

外食では…

  • 食べきれる量を注文しましょう。
  • 30・10(さんまる・いちまる)運動(※)にご協力ください。

      ※宴会時の開始後30分、終了前10分は自席でしっかり料理を楽しむ運動です。

   

家庭では

  • 冷蔵庫の中身を日々チェックし、在庫を確認しましょう。
  • 食品の期限表示(賞味期限、消費期限)を正しく理解しましょう。
  • 食材を使い切る工夫をしましょう。

 

食べきり協力店

  市と協同で食品ロスの削減に取り組む飲食店等を「食べきり協力店」として登録しています。

  協力店と一緒に食品ロスを減らしていきましょう。

  

大仙市食べきり協力店.pdf(94KB) このステッカーが目印です。

食べきり協力店募集中!

   「食べきり協力店実施要領」にある取組をしていただける事業者を募集しています。

    ご協力をお願いしたします!

食べきり協力店実施要領.pdf(146KB)

  

お問い合わせ

生活環境課
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加