わくわくスペース 大仙市の放課後子ども教室推進事業 - 生涯学習

2013年11月3日

わくわくスペース

 小学校の放課後に余裕教室を使用して、低学年の児童を対象に体験活動を実施しています。

 大曲地域、西仙北地域の10小学校で、放課後に30分から1時間程度実施しています。

 活動メニューは、5つありますが、その内容と協力団体を紹介します。

(1) 昔語り:「大仙民話の会」

 秋田の方言で語る昔話を広める活動をしている団体です。

 地元に伝わる民話や、「わらしんべ長者」「笠っこ地蔵」「三枚のお札」など有名な昔話を秋田の方言で情感込めて語ります。

(2) 紙芝居:「大仙市大曲地域生涯学習奨励員」

 紙芝居を制作、講演している団体です。

 題材は地元の古い民話から取材し、5人前後の語り手がそれぞれ役割を決めて演じます。

 カセットテープを使い、音楽や効果音などを使用して、耳で聞いても目で絵を見ても楽しめる講演となっています。

 小学校の他、保育園などでも講演を行っており、これまでの講演回数は300回を超えています。

(3) 朗読:「大曲朗読の会」

 絵本などの朗読を聞かせる活動をしている団体です。

 読書の習慣をつけるには幼い頃からの読み聞かせが効果的であるといわれています。

 毎回長くて10分以内の朗読メニューを4本程度演じていただいてます。

(4) 読み聞かせ:「お話ボランティアそよかぜ」

 読み聞かせ活動を行っている団体です。

 絵本の読み聞かせを基本に、楽器を使った遊びや、わらべうたなどの多彩なメニューを提供しています。

(5) ジュニア体操:「大曲スポーツクラブ」

 各世代・レベルに応じて、様々なスポーツに触れる機会を提供している団体です。

 子どもたちの年代や興味に応じた運動メニューを提供しています。

お問い合わせ

生涯学習課

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加