令和元年度非核平和レポーター派遣事業 - 非核平和都市宣言事業

2019年7月9日

【今年度の募集は終了しました】令和元年度「大仙市非核平和レポーター」募集

 核兵器廃絶と恒久平和への願いを後世に引き継いでいくため、市内在住の中学生を「非核平和レポーター」に任命し、研修を通じて平和の大切さについて学んでもらい、広く市民の皆さんに伝えていただく「非核平和レポーター派遣事業」を行います。

 非核平和レポーターとして、原爆ドームや平和記念資料館等を実際に見学して、戦争の恐ろしさや平和の尊さについて学習してみませんか。

 参加を希望される方は、次の内容をお読みになり、必要書類を提出してください。

 たくさんのご応募をお待ちしています。

 

事業内容について

研修

 1.土崎研修(事前研修)

  
   土崎みなと歴史伝承館の見学など、太平洋戦争終戦前日の「土崎空襲」について学習します。

   ◆ 日程/7月7日(日) 

   ◆ 研修先/秋田市土崎地区

 

 2.広島研修

   原爆ドームや平和記念資料館等を訪れ、原爆の悲惨さや平和の尊さについて学習します。

   ◆ 日程/7月23日(火)~25日(木) (2泊3日) 

   ◆ 研修先/広島県広島市 

 

 

 ◎ 費用/旅費・宿泊費等は、原則市が負担します。食事代やお土産代は自己負担となります。

 

報告

 研修で学んだことを報告書にまとめ、10月9日(水)開催予定の平和祈念フォーラムでの発表や市の広報、ホームページ、FMはなびなどを通じて、市民の皆さんに広く学習成果を発表していただきます。

 

応募について

対象

 市内に住所を有する中学3年生で、2つの研修に両方とも参加できる方

 (応募には保護者と学校の同意が必要です)

定員

 4名 (定員を超える応募があった場合は、選考により決定します)

応募方法

 次の1、2を応募先へ提出してください。

 1.任命申請書

   ※総合政策課や各支所市民サービス課でも受け取れます。

   

 2.応募理由や意欲について記載した作文 

   (市販の400字詰め原稿用紙で600字程度)

 

応募締切    5月21日(火)必着

 

応募先

 1 大仙市役所企画部総合政策課
   〒014-8601 大仙市大曲花園町1番1号
   TEL:0187-63-1111(内線233)

   FAX:0187-63-1119

 2 各支所市民サービス課

 

資料

令和元年度大仙市非核平和レポーター募集チラシ兼任命申請書(612KB)

お問い合わせ

総合政策課
電話:0187-63-1111(233)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加