大仙市の水道「大仙市新水道ビジョン」の公表について

2019年4月1日

大仙市の水道「大仙市新水道ビジョン」 

 大仙市では、平成19年度に「大仙市水道事業基本計画」を策定し、平成21年7月には「安全で安心な水道水の安定供給と持続」を基本理念に、事業環境の変化や内在する諸課題を克服し、大仙市の水道のあるべき姿を明確にするとともに、将来にわたり安定した給水を持続するための基本方針及び目標等を定めた「大仙市地域水道ビジョン」を策定しております。 

しかしながら、水道事業を取り巻く状況は、人口及び給水量の減少に伴って料金収入が減少する一方において、老朽化した施設・設備の更新に必要な資金を確保することが課題となっていることに加え、水道事業を運営していくために必要な技術を持った職員が減少するなど、多くの課題が山積しております。 

 厚生労働省は平成25年3月に「新水道ビジョン」を策定し、これまでの水道ビジョンを全面的に見直し、水道の恩恵を今後も使用者に継続して享受できるよう、将来の水道事業の理想像を明示し、その実現にむけて取り組むべき事項・方策を提示しております。 

 これを受け、大仙市でも国が提示する新水道ビジョンの理念を反映し、大仙市の水道事業の地域特性を踏まえた実行性の高い、安全で強靭な水道事業の持続を可能にする目的で、新たに『大仙市新水道ビジョン』を策定しました。 

 計画期間は2019年度から2028年度までの10年間と設定し、『大仙市新水道ビジョン』に掲げた施策の実施に際しては、事業環境の変化等を踏まえ、適宜見直しを行いながら計画的かつ効率的に事業の推進を図ってまいります。

 新水道ビジョンでは、大仙市の水道事業が、50年・100年先の将来にわたって、「安心」で「強靭」な水道を「持続」的に経営していくために、課題や取り組むべき方策等について示しております。

お問い合わせ

経営管理課
企画管理班(経営管理課)
電話:0187-63-1111(380)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加